事務所紹介

自己紹介

 ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 司法書士・行政書士の佐藤正和です。

 「司法書士は何をする人?」こちらのホームページをご覧の方の中にも、そのような疑問をお持ちの方がおられるかもしれません。

 司法書士法という法律では「司法書士は、登記、供託、訴訟その他の法律事務の専門家として、国民の権利を擁護し、もって自由かつ公正な社会の形成に寄与することを使命とする。」と定められています。

 多くの方は、普段の生活の中で「法律ではどうなっているのだろう?」と考えることはあまりありません。しかし、「家を処分したい」「親が亡くなった」「近親者の成年後見人になる」などの人生の節目においては、登記や法律の手続きを避けて通ることはできません。

 法律をよく調べず手続きを進めると、将来思わぬトラブルが生じかねません。司法書士に事前に相談することで、そのようなトラブルを未然に防止できます。相談しやすいよう、弊所は依頼者の話にきちんと耳を傾ける姿勢を大切にします。出張相談とオンライン相談にも対応しています。

 私は、依頼者とのコミュニケーションを大切にすることで「法律事務の専門家」としての使命を全うします。

 

プロフィール
出身

福山市神辺町
1982(昭和57)年10月生まれ

経歴

1998年 神辺中学校卒業
2001年 府中高校卒業
2005年 中央大学法学部卒業
2011年 九州大学大学院法務学府修了

※目指すなら一番の高みをと考えて司法試験を通算4回受けましたが、思うような結果が得られず法律についての自分の適性に疑問を抱きました。そのためいったんは法律の勉強から離れて学習塾講師などの仕事をしていました。

 しかし、①勉強で得た法律の素養は家族の支援を得て築けた一生の資産だと思ったこと、②その資産を人のために活かすことが私なりの社会貢献であると考えたこと、③もう一度自分の限界を試したくなったことから、仕事をしながら今度は行政書士試験と司法書士試験に挑戦しました。

2013年1月 行政書士試験合格(30歳)

2016年11月 司法書士試験合格(34歳)

※司法書士試験には4回目の受験でやっと合格しました。司法試験の受験回数と合わせると8回目の挑戦でしたので、受験後は心身とも へろへろ になっていました。司法書士にご相談に来られる方の中には大変な思いをされている方もおられるので、ご相談者のお気持ちに配慮するという点で、そのときに私自身大変な経験をしたことに意味はあったのだろうと振り返っています。

2021年1月 独立開業(38歳)

※新型コロナウイルスが流行する中での独立は不安だらけでしたが、かねてからの独立願望を抑えきれませんでした。

現在に至る

※登記、後見、裁判などの分野で、微力ながら法律知識を使って人の役に立つよう日々活動しています。活動についてはブログで紹介しています。

趣味 習慣
  • 山登り(真夏と真冬を除く。月1回程度)
  • ランニング(週1回のサークル活動と不定期)
  • フィッタ神辺のジム通い(週2回)
  • 読書(遅読なので「つんどく」の本が減りません)
  • 絵画関係の新聞記事のスクラップ
座右の銘

 知行合一(ちこうごういつ。本などから得た知識は行動に移して吸収したいものです。)

資格 所属
  • 司法書士、行政書士

   ※簡易裁判所での訴訟代理の資格あり。

  • リーガルサポート広島県支部会員
  • 法テラス広島 登録相談員
  • 福山北商工会 会員
  • 広島県商工会連合会エキスパート・バンク専門家

 

事務所概要
事務所名 佐藤正和司法書士・行政書士事務所
所在地 〒720-1131
広島県福山市駅家町大字万能倉734番地4-2-A
TEL 084-994-0454
FAX 084-994-0455
受付時間

9:00〜18:00(土、日、祝日は応相談)※外出中のことがあるため、来所前にご連絡ください。

 

地図

〒720-1131
広島県福山市駅家町大字万能倉734番地4-2-A

駐車場あり

19または20のご利用をお願いします。